第26回 三鷹散策の会報告

 < 仙田校長先生と日野の新撰組を歩く >

3月23日(日)、36名が参加して日野を歩きました。

昨年春に引き続き、仙田校長先生に解説していただきながらの散策でした。
散策の会のメンバーのほか、森田副校長先生、役員の則包さん、徳永さん、運営委員会から3名の方々にもご参加いただきました。

朝9時にJR日野駅に集合し、出発。
まずは、宝泉寺へ。井上源三郎の墓をお参りしました。


次に、新撰組ふるさと歴史館へ。
新撰組・甲州道中・幕末・明治維新などに関する資料を展示しています。

新撰組の衣装をはおって記念撮影。


そして、日野宿本陣へ。
都内に現存する唯一の本陣建築で、天然理心流の道場として隊士が集まった所です。


多摩都市モノレール「甲州街道駅」から一駅乗って「万願寺駅」で下車し、土方歳三の墓所へ。


そして、高幡不動尊へ。
関東三大不動尊の一つ、土方歳三の銅像や近藤勇の位碑などがあります。
奥殿では重要文化財の木造不動明王像並びに両童子像を参拝し、大日堂では天井画の鳴り龍を拝観しました。

五重塔の前で集合写真。

最後に、開運そばの昼食をいただいて解散しました。


お忙しい中、資料やおすすめのおやつを用意してくださった校長先生、どうもありがとうございました。
お天気にも恵まれ、わかりやすい解説つきで大満足の散策でした♪ 
(撮影&コメント:三鷹散策の会)

(kbt)